黒祭のおいしい楽しみ方-3

バーベキューの楽しみ方

いまや、BBQ(バーベキュー)は若い方から家族まで、人気のレジャーです。
特に、2014年以降、手ぶらで行けるバーベキュースポットが増えているので、気軽に楽しめるようになりました。でも、できれば実際に自分で準備から調理までやってみたいとおっしゃる方も多いようです。
一見、簡単そうに見えて実際にやってみるとお肉が上手く焼けずに固くなったり、野菜が生焼けだったりとなかなか難しいものです。そんなBBQの楽しみ方と焼き方のポイントをご紹介します。

● 場所選び

これはとても重要です。みんなが疲れないような場所を選びましょう。初心者向けにはバーベキュー場やキャンプ場がとても便利です。人数に合わせて広さを選んでください。洗い場やトイレがきれいなところがおススメです。
公園や河川敷など、バーベキュー禁止の場所は、絶対に利用しないでください。

● 準備

食材は切ったり、洗ったりした状態で持参するのが便利です。炭火はBBQグリル全体に炭を敷かないこと。グリルの半分~3分の1程度は炭を置かないスペースを作って、強火ゾーンと弱火ゾーンを使分けるようにすると失敗しなくなります。これならじっくり火を通したい豚肉や鶏肉、固い野菜などは弱火でゆっくり焼くことができます。

● おいしい肉の焼き方

まずお肉はできるだけ大きいものを選びましょう。その方がBBQらしくて気分も上がり、じっくり焼いて食べられます。焼肉のような薄切り肉だと、確かに焼く時間は短くて済みますが焼いては食べ、焼いては食べの繰り返しで、慌ただしくなりがち。焼く前に食べる大きさにするのではなく、大きな塊のまま焼いて、焼けてから切り分けるようにするとおいしく焼けます。肉の上からステンレスのボウルをかぶせてじっくり火を通すと、ジューシーな焼き上がりになります。

● おいしい野菜の焼き方

野菜がおいしく焼けない大きな理由は、焼いている間に野菜が乾燥してしまうから。その乾燥を防ぐために、焼く前に野菜の表面にハケなどで軽くオリーブオイルを塗ってから焼くようにしてみてください。焼いている間も乾いてきたと思ったら、時々塗るようにするとおいしく焼けるはず。また肉と同様に焼く前に小さく切るのではなく、大きな状態で焼いて後で切り分けるようにするのがおすすめです。

デザートやシメの焼きそばなどをしっかり作ることが成功のカギです。

戻る